これからオープンする

カフェ開業のなりたち

カフェの開業のはじめとなったのは、おそらく時代劇に出てくる団子や甘酒などを提供することが現在でのカフェの開業につながります。疲れを取る、癒しの場所として親しまれる空間です。今から20年前頃にはいたるところにカフェが開業され、また、営業マンなどが利用すするカフェとして、たいていの店は流行っていました。現在では普通にコーヒーを飲む場所では開業も難しくなっています。新しい形を求められています。漫画喫茶・猫カフェ・ネットカフェ・カラオケ喫茶などが出てくるのを考えると、時代にあわせたものが求められています。これらに共通することはくつろげることです。また、高齢者時代になり、時間とお金をもてあます年齢層のくつろぎの場所として、新たなニーズへの開業の可能性があります。

これから求められるニーズ

今の時代は高齢者向けのディサービスの利用が盛んになってきました。町を走ると必ずサービス利用者の車を見かけます。また、施設では、認知症の予防をかねたレクリェーションが行われます。コーヒーも提供され、施設の中では小さなカフェができ、歌を歌ったり喜ばれています。元気な高齢者はカラオケ喫茶に通い、満杯のお店はたいてい時間とお金に余裕がある高齢者で埋まっています。メニューも若者に比べてかなり高額ですが、人気があります。カラオケもひと段階落ち着いてきたので、これからの高齢者向けのニーズを考えていきたいものです。お年寄り特有の認知症の予防として、楽器の演奏や頭の体操、ボランティアにつながる訓練などのできる場としての開業を考えていきたいです。