お店が増える

初めは小さいお店でスタート

最近小さいお店が増えてきていることをご存じでしょうか。みなさんもご近所で新しいお店がオープンしますといった宣伝等を一度は耳にし、足を運んだ経験はあるのではないでしょうか。こういったお店を開業するには様々なコツがあるのです。まず開業する際に、最も大きな課題の一つが予算です。ここではカフェを例に考えてみましょう。初めに開業資金には「物件を取得する費用」、「内装の工事費用」、「厨房設備費用」などがあり、この中で一番大きな割合を占めるものが物件を取得する費用になります。なるべく費用を抑えたいと考え、初めは店舗を持たずにネット販売や屋台からスタートするといった経営者も存在します。このケースの場合、店舗を構えずに経営して知り得た顧客の購買動向などを活かし、念願のカフェを開業といった流れとなり、自分の店を持つというのも一つの方法であります。それでは具体的に開業するにはどんなことが重要なのでしょうか。

自分の作りたい店のイメージを明確にする

まず大切になってくるのは、カフェを開く目的や作りたい店のイメージを明確にするということです。多くの顧客に来てほしいなら広い物件を探してゆったりとした空間を提供する必要がでてくるし、あるいは様々な料理を多くの人に味わってもらいたいとするなら厨房設備を充実させるといった、自分にとってこだわりたい部分と妥協できる部分をまず初めに明確にさせてみましょう。そうすれば限られた予算の中でメリハリのある理想の店が作れるはずです。このように一つの大きなコンセプトを持たせることは店にとって、軸がぶれずに安定した経営を続けられる大きなポイントとなるのです。いつかは自分のカフェを持ちたい。そんな夢を目指しているのであれば、まずイメージを明確にすることに重点をおいてみましょう。